婚活パーティー(ホワイトキー)に行ってきた!第二希望の人とカップルに

先日、ホワイトキーの婚活パーティーに行って来ました!

ホワイトキーのパーティーは、個室タイプもあるようですが、今回参加したのは個室ではなくて、テーブルが横並びでズラーッと並んでいて、男女が正面に向かい合って座り、会話する形式のスタイルでした。

男性が、司会の人の合図で時間がきたら隣にずれていきます。

このタイプのパーティーは参加者がぐるっと見えるのですが、

良い点

・参加者全員を把握しやすい

・見た目で大体の目星をつけやすい

・話したあとも、「あの人だったか」と目で見て確認できる

(婚活パーティーでは、お相手の番号がかわからなくなってしまうことが多々あるので)

悪い点

・隣の声とか微妙に聞こえている(声が大きい人は迷惑)

・全く会話が盛り上がらない相手にあたった時に、隣が盛り上がっていると気まずい

・参加女性が全員自分より明らかに若いと肩身が狭い

「ホワイトキー」のパーティーは、もちろん会場にもよるでしょうけど、私が参加する時は割といつも人数がそれなりに集まっている気がします!

参加者が多くても、良さそうな人が一人もいなければ全く意味ないことですが、逆に人数すくなくても、たった一人の人と出会えればそれで良いのですが、なぜか人数は少ないよりかは多いほうが可能性があるんではないか?!と思っています。

今回参加したパーティーは参加者が、男性が18名女性が20名ほどでした。

1対1のトークタイムの時に2回、待ちの回があったので、女性の参加者の方が多かったようです。

今回のパーティーでは、同じ歳で趣味も合いそうな男性が一人いました。

見た目も好きな感じで、1回目のトークが終わって、私的には第一希望はこの方に決まり!でした。

1対1のトークタイムが終わると、中間印象シートで気になる男性の番号を記入して提出するのですが、もちろんこの方を第一希望にしました。

その後フリータイムがあって、その時間は自分の気になる方と自由に会話ができるのですが、だいたいが「男性の方が女性にアピールする」みたいな雰囲気なので、もちろん女性から話かけに行く方もいますし、別にそれもアリなのですが実際には女性から行く人は少なくて、誰も男性がきてくれなかった場合には一人で過ごしている女性が多いです。

私も、フリータイムに誰にも話かけられずに、一人でむなしい時間をやり過ごす時がありますが、こればかりは仕方ないですね。

そして、私が第一希望にした男性は他の女性のところへ行ってしまい、結局フリータイムでお話することができなかったのですが、他の男性で話かけてきてくれる方がいたので助かりました!

その時点で、第一希望の男性とカップルになるのは難しいと察しましたが、わずかな希望をかけて、最終希望をその方を第一希望にして提出しました。(いちおう第3希望まで記入しました)

結果は、第一希望だった男性とはカップルならず、、。

そんな気はしていましたが、やはり少し残念です。

しかし、第二希望にしていた男性とカップリングしていました!

今回は、第一希望の男性以外は「一応この中だったらとりあえず書いておくか」というテンションだったので、気分が少し落ちてしまったのですが、エレベーターで降りるとカップリングした第二希望の男性が待っていてくれて、連絡先を交換しつつ「このあと、もしよかったらお食事かお茶でも行きませんか?」と誘ってくださったので、そのまま一緒にお食事しに行く流れになりました。

つづく