婚活目的じゃない年下男性Yくんが考えていたことってやっぱりそういうことだったのかな⑤

pairs3

婚活目的じゃない年下男性Yくんと2人で映画を見に行ってきたのですが、

思いもよらない「あーん」事件が起こり戸惑ったりしました

その事件の様子はこちら

婚活目的じゃない年下男性と2人で映画を観てきました④

なんの映画を観たのかというと

「グレイテストショーマン」を観ました!

知り合いが観て

「とても良かった!もう一度映画かんで観たいかも。」

と絶賛していて、ネットを見てもかなり評判よかったので

ぜひ映画館で観たかったんですよね。

早めに行って、真ん中らへんの席をゲットしておきました。

平日のラストの回だったので、席はガラガラでゆったりと観れました。

で、肝心の映画はどうだったのかというと、、、

私の感想は、

「うーん、良かったけど

そんなに言うほど感動とかはしなかったかな。」

ミュージカル調の映画で、

本来の自分に自信を持って生きよう!

みたいな内容の映画だったですが

確かにいい話だったし

最終的には心が温かくなるような内容なのですが

感動して泣く、とかはなかったです。

ミュージカル調の映画だったら

私は「マンマ・ミーア」とか

「ヘアスプレー」「ムーラン・ルージュ」とかの方が

感動したし、個人には好きかな。

Yくんも、そんなに感動したって感じではなさそうでした。

映画が終わり、

「まあ、いい映画だったね~」とか話しながら

もう結構遅い時間だったので、

そのまま駅に向かって一緒に歩きました。

もう少しで駅につく時に

Yくん「タクシーで送ってくよ!」と言ってきて

「??」

「まだ電車あるから大丈夫だよ。」

しかも、Yくんの家は私の家と反対方向なんです。

いくらなんでも変だよね。

なんか変だな。ととっさに思ったのです。

だって、まだ一応電車もあるのに

しかも反対方向なのに、

なんでわざわざタクシーで私の家まで送ってくれるの?

「え?なんで?」って聞きました。

Yくん「あ、僕のうちに一回寄ってから送っていくね。」

「え?なんで?、まだ電車あるし大丈夫だよ。」

「今日はもう遅いからもう帰ろう。じゃあ、またね~!」

と言って、スタスタと足早に歩き

駅でYくんと別れました。

なんか、すごく変な感じでした。

タクシーでわざわざ家まで送ってくれるっていうのも変だし。

ただ優しいだけではないような気がしてしまいました。

しかも、一回Yくんの家に寄ってからっていうのも

なんか変な気がしました。

変ですよね?!

そんな遅い時間に

タクシーで家まで送ってくれるだけではないような気がしてしまって。

うちに上がるつもりだったのかな?

結構遅い時間だったし、うちに一緒に来るってことは、、、

いければいっとこう!みたいな感じだったのかな?

夜遅くにっていうか

昼間でもいつでもそうだけど

男性を家に上げるってことは

私的には、

何があっても良い

という

ことだと思っているので、、、

そういう男性でなければ

家には上げません。

実際は

Yくんは、何を思ってそういったのかはわかりませんが。

多分、Yくんの優しさ?だったのかわかりませんが

私がその提案を受け入れずに、さっさと帰ったので

あまりいい気分ではなかったでしょう。

もしかしたら、Yくんには

勝手に勘違いして

別にそんな気持ちで言ったわけではないのに

変にガードが固い女。

だから彼氏もできないんだよ!

とか思われたかもしれません。

そう思われても仕方ない。

自分でもあとから思うと

警戒心強すぎだし

自意識過剰な反応をしてしまったかな。

と思えることもあって、、、

でもね、

もう何年も恋愛から遠ざかり

異性とイチャイチャしたりすることに

全く免疫を持っていない、アラフォー女です。

こういう反応を取ってしまうのも

仕方ないですよね。涙

Yくんとは、

普通にお友達みたいになれたら良いな。

と思っていましたが

残念だけど

向こうはそうは思っていなかったのかもしれないです。

わからないけど。。

一応、男性の友達とかはいるけど

恋人関係というか

その、男性と女性の関係って

どういう感じだったのか?

どういうふうにそういう感じになるのか?

そんなこと考えたことなかったけど

もう、全くわからなくなっています。。

一般の20代のモテ男?!

の考えることや行動は

私には理解できませんよ。

まあ、でも今回は

タクシーで送ってもらうことにならなくて

良かったと思ってます。

婚活目的じゃない男性に

振り回されても仕方ないので!

婚活を頑張って

素敵な男性と出会うしかないですね。

がんばります!!

スポンサーリンク